05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-09-23 (Thu)
あまりにも亀らしくて

うれしくて載せちゃいます。

久しぶりの亀情報で、

長いけど、、、、、、、、。





亀梨和也さんが「3Dスリム」でAOKIデビュー!
“動きやすさ”が進化した新スリムスーツの特長を
躍動感あふれるダイナミックなアクションでアピール!
新TV-CM「レーザー」篇2010年10月1日(金)よりオンエア開始
2010年9月23日
株式会社A O K I


新商品「3Dスリム」のイメージキャラクターには、
ジャニーズ事務所の所属タレントとして紳士服(スーツ)
へのCM初登場となる、亀梨和也さんを起用しました。

新TV-CM「レーザー」篇の舞台は、
赤いレーザー光線が網の目のように張り巡らされた抽象的な空間。
その中で「3Dスリムスーツ」に身を包んだ亀梨さんが、
目の前に広がる無数のレーザーを、アクロバティック
な動きで回避していくシーンが、
ハイスピードを駆使したダイナミックな映像とともに描かれます。
激しい動きが要求される困難な状況でも、
スーツを着たまま巧みにレーザー網をかいくぐる亀梨さんのアクションを通じて、
「3Dスリム」の特長である進化した動きやすさを印象的に表現しました。

TV-CMについて

3Dスリムに身を包んだ亀梨さんのバストアップ。
やや緊張した表情で佇んでいます。画面がワイドショットに
切り変わると、そこは赤いレーザー光線が張り巡らされた抽象的な空間。
亀梨さんの目の前で、レーザーが不気味な音を立てています。
いきなり鋭いアクションでレーザーをよける亀梨さん。
側転や旋風脚などのアクロバティックな動きを披露しながら、
次々と目の前のレーザーを回避していく様子等とともに、
「スリムスーツが進化した」「動きやすさが進化する」「3次元の立体縫製」
というナレーションがカットイン。また、
亀梨さんのスーツをとらえたカットがモノクロに変わるシーンでは、
3D(立体縫製)をイメージした「ワイヤー
フレーム」がスーツにCGで表現され、「立体縫製」「人間工学」
というスーパーが入ります。
そして、バシッと着地した亀梨さんがクールにポーズを決め、
「3Dスリム」の印象的なロゴが入ります。
最後にAOKIイメージキャラクターの上戸彩さんが登場し、
「着やすさをデザインするAOKI」というナレーションで締め括ります。


亀梨和也さんコメント

「すごく楽しい撮影でした。動きのあるハードなシーンが多かったので、
最初はスーツを着たままで、
そこまで大きなアクションができるのか半信半疑だったんですけど、
自分が着ていた3Dスリムは動きを邪魔しないどころか、
とても動きやすくてスムーズに撮影に臨むことができました


◇カメラ2台で、15パターン以上のシーンを収録
撮影は9月上旬、都内近郊のスタジオで行われました。
「よろしくお願いします!」と気合いの入った
第一声とともに現場入りした亀梨さん。
監督のもとへ足を運び、今回の撮影内容について説明を受けた後、
颯爽とスタンバイ位置へ向かいました。
今回の舞台は、出演者の動きが床に反射する黒いアクリルの
ステージ。亀梨さんの動きを正面や俯瞰から捉えるメインのクレーンカメラと、
サイドや斜めの位置から捉えるサブカメラの二台態勢で、
亀梨さんが繰り出すアクションを、全部で15パターン以上撮影していきました。

◇演技に取り組む真摯な姿勢

当日はCM冒頭やラストの決めカットといった、
激しいアクション以外のシーンからスタートしました。
撮影前はスタッフと気さくに談笑していた亀梨さんですが、
ステージに上がった途端、キリッとした目つきに変わり、
心身ともに本番モードへ突入。
「目線は?」「動きのスピードは?」
など自ら監督に質問し、頭の中のイメージと実際の動きの微調整を行っていました。
本番中はワンカット毎にステージを降りて、
真剣な表情でモニターをチェックしていた亀梨さん。
スタンバイ位置に戻る時も手足を動かしながら、
次のシーンでの体の向きや
角度を細かく確認し、ギリギリまでベストショットを探るなど、
演技に取り組む真摯な姿勢が印象的でした。

◇しなやかな動きに視線釘付け
メインのアクション撮影に突入し「めったにやらない」という
側転を一発目からきれいに決めた亀梨さん。
続いて、しゃがんだ状態から後方に片手をつき、
バック転のような動きをするアクション(=「マカコ」)に
臨みました。「バック転なんて2年ぶりかな」
と漏らした亀梨さんに、アクション監督が補助を申し出ましたが、
「ありがとうございます。でも、一回やってみます」
とぶっつけ本番を選択。優雅な仕草でくるりと一回転し、
「できた!」と満面の笑みを浮かべると、
スタジオ中から大歓声が沸き起こりました。
また、その場で素早く跳躍し、回し蹴りのような動きを見せる
「旋風脚」では、複雑なアクションにもかかわらず、
持ち前の集中力と運動能力の高さであっという間に習得。
頭の上まで大きく脚を振り上げたOKテイクでは、
亀梨さんからサムアップのポーズが飛び出すなど、
自他共に認める完璧なまでの演技を次々と披露していました。

◇アクション監督も脱帽のダイナミックなアクション
撮影中、亀梨さんは
「こう動くと、どうしても手がねじれてしまうので、何か良い方法はありませんか?」
などと、身振り手振りを交えて、
何度となくアクション監督にアドバイスを仰いでいました。
その亀梨さんについて撮影後、
「普段からダンスで基本のストレッチをしっかりやっているからか、
ひとつひとつの動きがとても柔らかいし、様になっていました。
今回の中で一番難しい『マカコ』も、
初挑戦の『旋風脚』もあっさりクリアした
ことには、正直驚きましたね。
2年ぶりのバック転なんて、僕でも怖くてできません」
と語っていたアクション監督。
プロをも脱帽させた亀梨さんのダイナミックなアクションは必見です。



スポンサーサイト
Theme : 亀梨和也 * Genre : アイドル・芸能 * Category : 亀梨 和也
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。